IMG_E5533.JPG

ある日私の息子が学校で星座を学んできて、星の観察が大好きになりました。ただのきらきら星だった夜空が、その日から突然、古い外国の神様の世界に変わったのです。彼の目はまるで映写機のように、その小さな体の中に詰まった壮大な物語を、大空に向かって映し出しているようでした。彼が見ているものは、他の誰にも見れない、彼の心の反射なのだと思います。

 

私にはここ20年ほど、ずっと考えていることがあります。それは、なぜ絵の中には空間が見えるのか、絵はこの世界の万物と同様 物質なのに、というような事です。はじめに考え出した頃は日本の学生で、卒業後は副手、その後は絵とは無関係の職についた事もありました。アートレジデンスとしてヨーロッパに住んでいた事もあります。家族の死、国際結婚、出産をアメリカで経験し、子供の障害と向き合い、そして乗り越える挑戦もしました。そして今もこのコロナ禍の中、外国人、アジア人女性としてアメリカで生き続けています。そしてこのように数えきれない出来事が起こる人生の中にあっても、今も私は「絵と空間」について考え続けています。もはや物質と空間の問題というテーマは私の一部となっています。

 

それに加えてもう一つ制作の準備でずっと気になっていたことがあります。それは昔から必ず自分でやっている木枠にキャンバスを張る、という準備です。これをしていると毎朝シャツに腕や頭を通し体を包み、一日を始める自分を思い出します。それで近年は自分の古いシャツを描こうと決めました。シャツをよく見ると、内側に私の形が、外側に私の日常が染み付いています。私のシャツはフレームの形に捕らわれながらも、私を消し去ることなく、そのシワやゆがみや膨らみの中に私という歴史を留めています。

 

最後に、ここ数年、作品のキャンバスをフレームから少し剥がしていますが、それはシャツの柔らかさを出したいという思いと、枠を超えて、外の世界へ優しく私の反射を拡げたい、繋がりたいと願っているためです。

​Statement